たまらん中古車

2012年05月18日

第37回「まさにアメ車!楽に、大雑把に走れ」

古き良きアメ車の世界というのがあります。
やたらと幅があり、ハデで、前後にも長く、前席は長いベンチシート、フカフカの乗り味… それらはアメリカという国土の風土と、アメリカ人の気質にマッチしてる所から生まれてきたわけです。アメリカの広くてまっすぐな道路を優雅に走る。そこから生まれてきた車文化。

そういう文化を感じさせる日本車が、自分、結構好みなんですよ。日本車なのに、海外のにおいがするやつ。そして海外のにおいが日本人にあまり受け入れられず、忘れ去られたやつ。たまらん。

ということでご紹介!




平成13年 トヨタ プロナード 3.0L

0518_01.jpg
トヨタ プロナード フロント





トヨタのプロナードという車、知ってますか? 多分知らない人ばかりだろうなぁ、と思うのですけど。プロナードです。ナードコアじゃありませんよ。プロナード。どういう意味なんだろう。

見てくれはセダンです。クラウンを始めとしてトヨタには数多くのセダンがありますが、一番大きいのがセルシオで(もう無いですが)、クラウンマークXカムリカローラベルタみたいな秩序があります、大雑把に分けると。
その中でこのプロナードという車は、カムリのちょっと上位バージョンということになります。
「カムリを大きくしたやつ」と思えばしっくり来ます。FFセダンの大きいやつ、ということです。




0518_02.jpg
リア





うん、見てくれはいたって普通。前も後ろも、何かの主張がある感じでは無いですね。トヨタっぽい安心感すらあります。

ただし、なんとなく写真を見て分かると思うんですが、こいつ、幅があるんです。横にちょっと間伸びした感じ、しません?
そう、それがこいつの最大の特徴なんです。




0518_03.jpg
サイドビュー





アメリカをはじめ色んな国でカムリが走ってるのを見かけたことをある人はいると思いますが、日本ではあまりパッとしないカムリ、海外では大人気なんです。その理由はいろいろあるんですが、FFという駆動方式と、ちょっと大きなボディサイズという組み合わせが、広い国にはちょうどよく、狭い日本にはちょっと受け入れにくいのだと思われます。
「こんなに大きいのだったらFRじゃないと高級感が無いぞ!」
「FFだったらもっとコンパクトにしてくれよ!」
という感じでしょうか。

アメリカではそういうこだわりは無いようで、上にも書いたとおり広い国土、広い道、まっすぐな道を走り、駐車場も家の前の広い芝生の上に適当に停めたりするため、小回りも必要無い。
だからちょっと大きく、そして安いカムリがちょうどいいし、それより大きくても全然余裕。だからキャディラックのようないわゆる「でかい、昔ながらのアメ車」が育まれたわけだし、そこの試乗を狙って、カムリよりもよりアメ車っぽいサイズの車を…ということでこのプロナードが北米に送り込まれたわけです。




0518_04.jpg
コックピット





とはいえ、アメ車といってもハデさは無く、いわゆる「向こうのおっさん車」の分野に入ると思います。アメ車よりも信頼性が高いけど、広くて安いアシ車。
だからコックピットも特に何かがあるわけではなく、ごくフツー。むしろ華がない、、、無さすぎす…。クラウンやセルシオと比較すると明らかにチイプであることが分かります。が実際車両本体価格も半分や3分の1くらいだったりするのでこれでいいんです。

でもこの車の本当の面白さはこれ…↓




0518_05.jpg
フロントベンチシート+コラムシフト





この車をアメ車にしてる要素がこれ。
フロントのベンチシートと、コラムシフトです。いわゆる「ベンコラ」です。(グレード3.0Lのみ)
フロントがこのようなベンチシートで白レザーだと、アメ車臭凄いですね。高級感はあまり無いけど、とにかくリラックスできそうであります。

ルーズにシートに座り、横長いフロントガラスから見える風景は、アメリカ大陸そのものでしょう。音の悪い標準オーディオのラジオでFENなどを聞けばいいんです。これで横須賀までドライブして、ドブ板通りあたりでスカジャンでも買ってくればいいと思うんですよ。
あと助手席ではマックのポテトとかビッグマックなどを食べながら、というのもいいと思います。急ブレーキでポテトをシートにドロップしてもベンチシートだから、シートとシートの間にポテトが落ちていくことはありませんよ!




0518_06.jpg
リアシートも広いんです





リアシートもたっぷりとした余裕があります。超メタボ体型な人が乗っても全然平気!まだまだジャンクフード食っちゃうぞ、という大らかな気持ちにさせられると思います。
もちろん3人横に並んで座っても全然余裕! アメ車の余裕がここにあるんです。

ただし前後ともにホールド性みたいなのは全然無いので、「山道を全開でぶっ飛ばしたるで!」みたいな走りをされたら、グワングワンと左右に転がりまくり、吐きまくるでしょう。
あくまでも、真っ直ぐな道を真っ直ぐに走るための車であるということをお忘れなく!




0518_07.jpg
エンジン





真っ直ぐな道を真っ直ぐ走っている限りは快適そのものの車です。V6エンジンは静かだし、サスもヤワヤワ。ボディ剛性もヤワヤワ。ヤワヤワで、ガッバガバの車に乗っているという印象です。
特にサスの柔らかさについては、こんなにヤワヤワなサス今時あるのか?と言いたくなるほど。アメ車でもここ10年はセダンでもスポーティというか、凹凸のいなし方が巧みな乗り味になってますが、プロナードは「古き良きアメ車」の乗り味そのもの。

つまりこれは日本製のアメ車! 全然理解されないけど。
アメリカのタクシーに使われている、クラウンビクトリアのような地味なアメ車でしょう。
とにかくガバガバででかい日本製のセダンに安く乗りたかったら、プロナードでアメリカ気取るのも悪くないと思いますよ!




トヨタ プロナード 3.0L 6人乗り ヒーター付本革ベンチシート 純正マルチ付 | (株)イルマオートセンター
上のリンク先のウェブ魚拓
※当ページ内の内容は2012年5月18日現在の情報です。




トヨタ・プロナード - Wikipedia
toyota.jp | トヨタ自動車



posted by BUBBLE-B at 10:43| Comment(2) | たまらん中古車
この記事へのコメント
なかなかえいねや〜。
Posted by みねみ at 2012年07月27日 19:37
セールMoncler【モンクレール】メンズ スポーツズボン ライトグレー等秋冬新作が激安。 全国送料無料!あなたは、最新のスタイル、最高の品質、最高の価格と最高のサービス が不足して後悔するだろう。多くの製品にはmonclerアウトレット正規店店舗 をチェック
Posted by モンクレールダウン at 2012年11月11日 02:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: