たまらん中古車

2010年11月18日

第5回「月まで飛んで行けそうじゃないか?」

BUBBLE-Bのたまらん中古車、第5回目となりました。すっかり寒くなり、紅葉を見に高速道路が大渋滞する季節となりましたが、皆さんのカーライフは充実していますでしょうか?
さて、近頃の私は休みの日となるとフラっと近所のカーディーラーに行って、色んな車を試乗させてもらっております。もちろんすぐに何かを購入するアテも先立つものも無いのですが、「次何の車に乗ろうかな?」というのは年中考えているんです。そう、今の車を買った日から「次は何乗ろうかな?」と考えてるんです! 「探している時が一番楽しい」と言いますが、その楽しい時をずっと保っておきたいので、乗っててもずっと探してるんです。goo-net見てたら朝チュンも余裕ですよ。というわけで、今回紹介する中古車はこちら!




平成14年式トヨタ WiLL VS

1118_01.jpg
トヨタ WiLL VS 1.8VVTL-I





知ってますかこの車。覚えてますか「WiLL」。プロダクトを越えたブランドみたいな実験で、WiLLという名前のビールとかありましたよね。トヨタでは「WiLL Vi」「WiLL VS」「WiLL サイファ」となんとWiLLシリーズだけで3車種も出ていました。全体的に実験色の強い、コンセプトカーがそのまま発売されたようなデザインの多かったシリーズですが、その中でもこの「WiLL VS」はカローラをベースにした5ドアハッチバックとして誕生。ステルス戦闘機のようなやたらシャープなボディラインが何とも印象的ですが、威圧感はほとんどなく、どこか落ち着きのようなものを感じられます。このタマはエアロ・社外アルミを装着していて、おそらくローダウンもしていると思われますが、結構バランス良く決まってると思います。これほどエアロがピタっとハマる車も珍しいですよ!




1118_02.jpg
リア最高!





ヤバイ。このリアはヤバイ! 元々シャープなデザインなのに、アンダー部の造形がたまらない。このデザインはまだまだ通用しますよ。そしてありがちなスポイラーが付いてないのもいい。肉食な感じでも草食な感じでもない、ひたすらメタリックで冷たい印象がたまらないです。まあ、デザインのためにサイドのリアドアガラスは絞られ、あまり視界は確保できていないと思われますし、ラゲッジスペースもあまり余裕無いでしょうけど、そんなことはどうでもよいのです。この造形は素晴らしい!




1118_03.jpg
日本離れしたデザイン





この車はインテリアデザインも徹底してます。まず目立つのが、ATのシフトノブが斜めってること。そしてやたら直線基調なセンターカウルやインパネ、あえてトヨタロゴが無いステアリングデザイン、そしてシートの真ん中には黒いラインがこれまた直線基調で入り、やたら直線感・鋭角感を煽ります。これは普通の日本車にはあり得ないデザインですよ! この、あまり人間に寄りついてこないようなデザイン、何かに近いなと思ったら、そう、シトロエンっぽい! ちょっとレトロなフランス車の雰囲気を感じます! レトロフューチャー感です。そういう気分になりながらゆっくり運転すると結構面白いのではないでしょうか?




1118_04.jpg
走りもイイ!





エンジンは、1.8Lモデルには「2ZZ-GE」エンジンが搭載されてます。これ、ハイオク専用で180psを出す、セリカやロータス・エリーゼにも搭載されたスポーツエンジンなんです。連続可変バルブタイミング・バルブリフト機構(VVTL-i)というのを備えていて、6000回転でハイカムに切り替わったら、そのまま8000回転まで一気に吹け上がる良いエンジンなのです。見た目はステルス戦闘機みたいだけど走りがダメだったら笑いの種ですが、高速道路などで一気に抜き去るくらいのことは余裕! この走り、このデザイン、この実用性でして、54.8万円!



トヨタ WiLL VS 1.8VVTL−I | 中古車ならGoo-net(グーネット)
上のリンク先のウェブ魚拓
※当ページ内の内容は2010年11月18日現在の情報です。



中古車ならGoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索
toyota.jp | トヨタ自動車


posted by BUBBLE-B at 12:00| Comment(0) | たまらん中古車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: