たまらん中古車

2011年12月04日

第28回「その時、世の中の若者は動いたか!?」

宣伝です!
12月6日火曜日TBSラジオ「ザ・トップ5」にて、ゲスト出演致します。テーマは車!特に中古車視点から語ってみたいと思います。出演は20時くらいから!ちょい緊張ぎみです。

「若者の車離れ」などと言われて久しい昨今。バブル崩壊以降、若者のアイテムとしての、「車を持つ」ことの意識が大きく変わりつつあります。その理由として、趣味の多様化であるとか、メーカーが面白い車を作らなくなったとか、色々と言われてますけども、本当の所は何なんでしょうかね?
2011年末に開催されたモーターショーにて、トヨタは「Fun to drive, again」「ReBorn」といったメッセージを掲げ、ここ数年忘れてしまっていた「車を楽しむということ」をもう一度なんていうスローガンを打ち出してますが、いやいや、これまでもやってるじゃないですかちゃんと。「楽しい車が無かった」なんてことは無いはず。「楽しい車はあったけど、それが楽しいということが、大きな規模で話題にならなかった」んだと思うんですよ、実際は。今回紹介するのは、「今風の若者にウケるはずの車」ことこいつ!




平成18年式 トヨタ bB Z

1204_01.jpg
フロントビュー





二代目のbBです。スクエアフォルムの直線基調だった初代から、少し歪んだようなフォルムへとなったこの二代目bB。テーマカラーがメタリックの黄緑だったせいで、当初は「うわー結構ドギツイのが出てきたな」なんて思ったものですが、デザインとしてちゃんとテーマを感じるものとして纏まってるように思えます。
初代bBからそうですが、デザインの根底に「ヒップホップ」「ストリート」があることは間違いないんです。




1204_02.jpg
初代 bB





初代bBはスマートでクリーンなフォルムの中に、どこかアメリカンテイストを感じさせるような隠し味が秀逸でしたね。このbBのどこからアメリカンテイストを感じるんでしょうか。ちょっちょっとシボレー・アストロみたいとか?
何だかウエッサイな雰囲気を感じるんですよね。ローライダーにも通じるような。それまで日本に無かったテイスト。どこかラグジュアリーを感じさせる上品さも持ち合わせていると思います。ともすれば「ダサい」かどうかのギリギリなセンを攻めていると思います。そこが素晴らしかったですね。




1204_03.jpg
リアビュー





そしてこの二代目は、随分とテイストが変わったように思えます。とりあえず、スマートでクリーンなテイストは薄くなり、代わりにグラフィティの要素が入ってきてませんか?




1204_04.jpg
グラフィティ





1204_05.jpg
グラフィティ





いわゆるこういう感じ。この文字一つ一つの角度だとか大きさにデザイン上の一貫したセオリーがあるわけですが、それを車のデザインに取り込んでいると思うんですよね。
上のリアビューの、リアコンビランプあたりからそのテイストを感じません?




1204_06.jpg
ロゴ





「bB」のロゴだってホラ!狙ってますよ。




1204_07.jpg
コックピット





コックピットは割と普通であり、そして運転してみても車的に特に何かがあるわけではありません。そういう所に何かを求めるのではないのが、このbBの本質でしょう。グラフィティのテイストを取り入れたエクステリアもそうですが、なんと言ってもオーディオと居住性に力入ってます。




1204_08.jpg
オーディオのリモコン





bBのアームレスト先端にあるこのスイッチは、オーディオのリモコンだったりするわけですが、明らかにiPodを意識しとるやろ!と言いたくなるわけです(笑)そう、トヨタの確信犯。このbB、CMで「トヨタのミュージックプレイヤー」なんてコピーが謳われてたのは、記憶に残っていませんか?つまりこの車が発売された2005年当時、iPodは第5世代目くらいが発売されて爆発的ブームになってました。iPodをさわる感覚で車の中で音楽を聴くって超カジュアルじゃない?っていうことなんですよ!むしろ、でっかいiPodを作ってそこにタイヤを付けちゃいました!くらいのコンセプトなのでしょう、CMのキャッチコピー通りに。
日産のキューブが、「くつろぐ部屋ごと移動する」みたいなコンセプトですが、こちらは「オーディオルームとかクラブとかそういう場所ごと移動する」みたいなイメージなのだと思います。




1204_09.jpg
光るウーファー





低域に合わせてスピーカー周りのネオン管やLEDがピカピカと光るアレが装備されているのです。実際、そんなスピーカーはビートマニアのスピーカーくらいでしか見た事無いですが、そういうのもbBにはあるんです。




1204_10.jpg
休憩モードのレバー





そしてこのbBのもう一つの大事なポイントとして、「休憩モード」なるものがあります。このレバーを引くと、シートが沈み込むんです!沈み込むことによってよりベッドっぽくなり、外から見えにくく包まれ感が出るわけですが、それをいつ使うのか??ということですね。
おそらくこの「休憩」という言葉は、レジャーホテル(a.k.aラブホテル)の「宿泊」「休憩」の「休憩」なのではないかと思うんです。一晩寝るまではいかないけど、ちょっとレジャー気分に車停めて…という使い方。外から見えにくくてベッドっぽくなるわけですよ!そういう使い方をメーカーが推奨してるんですよ!

そんなトヨタの二代目bB。若者が好きなもの、若者の興味のあること、若者の間で流行ってるもの、などをこれだけ盛り込んで形にした車。ハードウエアではなくソフトウエアというか。別に車は速くなくてもいいんです!楽しければ。遊べれば。そういう提案がぎっしり詰まってるわけで、実際楽しいこと間違い無いと思うんですよ!カスタマイズするのも楽しいし(これまたメーカーがカスタマイズして楽しんでくれと提案している)。
トヨタはつまんない車作るメーカーだなんて嘘だと思いますよ!そんなbBの中古がたまらん!




(cache) トヨタ bB Z Qバージョン | 甲信マツダ 上田店
上のリンク先のウェブ魚拓
※当ページ内の内容は2011年12月4日現在の情報です。




中古車ならGoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索
toyota.jp bB
toyota.jp | トヨタ自動車
ザ・トップ5|TBS RADIO 954kHz


posted by BUBBLE-B at 12:00| Comment(0) | たまらん中古車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: